オーディションを受ける為

イメージ

Topics

オーデションに生き残るコツは

自分を良く見せる

オーディションでは、自分の出来ることをやって自分をアピールすることがベストです。
やった事の無いことを練習してやっても、失敗することが多いからです。
失敗して損するよりは、自分の力を最大に出せる自分の得意分野を、相手に見せることが印象良く映ります。
どういうオーディションにせよ、自己主張して自分の良い所を出すことがオーディションで成功することだと思われます。
オーディションをする側は、どういう人が欲しいのか、初めから決めているので、どういう役柄のオーディションであるのか理解しておくことは必要です。

自分を良く見せる

新人発掘には、なぜオーディションをするのでしょうか? 
主催者側は、探したいタレントを見つける為に、オーディションをするのです。
どういう人材を求めているのか、オーディションのタイトルに自分が本当にふさわしいのか、自分できちんとオーディションの内容を把握することぐらいはしておかないと、あなたは一体何をしに来たのと思われてしまうことでしょう。
良い印象を売り、主催者側に自分は必要な人材だと思わせるような魅力があれば、あなたは成功したことになります。

何度もオーディションを受けているうちに、オーディション慣れした人がいます。
しかし何のオーディションにも顔を出し、何が目的でオーディションを受けに来ているかわかってない人たちがいます。
結局、主催者の意図に合わずオーディションで不合格になっています。
オーディションの回数が多く、オーディション慣れをしたから合格するとは限らないのです。
中にはオーディション受けるのが生きがいになっている人もいるのかもしれませんね。